当院で歯並び矯正をしている はなちゃんの矯正例

はなちゃん 7歳 ~ 9歳 ~ 矯正中

矯正を始めて2年目のはなちゃん

はなちゃん7歳の時に前歯の部分が反対咬合で、お母さんがと一緒に来院されました。

お口の状態を見ると、反対咬合でなおかつアゴ(歯列弓)が小さいため永久歯のはえるスペースがありません

前歯4本はすでに永久歯に生え変わっています。
少しでも早く反対咬合を改善すべきと判断し、お母さんと相談して歯列育形成の治療を始めることになりました。

調整スクリューでプレートを側方拡大

まず最初はムーシールドで反対咬合の改善です。
反対咬合が改善し、後戻りの心配が解消されたら、歯列育形成による矯正治療の開始です。
プレートで歯並びを調整しながら少しづつアゴ(歯列弓)を拡げ、永久歯が正しく誘導してあげます。

はなちゃんは2013年8月の時点で9歳。
前歯は永久歯がきれいにはえましたが、八重歯のあたりのスペースがまだ足らないので、もう少し頑張ってプレートを使ってもらいます。

取り外し式の矯正装置を歯列育形成では“プレート”と呼んでいます。
プレートはプラスチックと針金で構成されており、スクリューやスプリングを組み込んだ構造になっています。スクリューは一定期間ごとに一定量回してプレートの形状を微妙に変化させるためのものです。

このプレートがアゴや歯列に小さな負荷をかけ、ゆっくりとアゴが変化し、歯が動き、歯並びはキレイに整えられていきます。

院内での小児矯正無料相談実施中!TEL.03-5703-1230
メールで矯正相談・矯正治療のご予約
メールで矯正相談
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ戻る

医院概要

大田区・西蒲田の歯医者さん「島田歯科医院」の診療時間・休診日

アクセスマップ

大田区・西蒲田の歯医者さん「島田歯科医院」のアクセスマップ

島田歯科医院 ブログ

  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ戻る
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ戻る